デザイン仏壇

空間にこだわるおしゃれなミニ仏壇

お仏壇の空間は仏様の世界

お仏壇内部の空間は、仏様の世界観を再現しているものと言われています。

本来であれば途方もない広さの仏様の世界ですが、

それをお仏壇という空間の中で再現しているわけですね。

 

ですから、理想的なお祀りといえばある程度の空間の広さが必要になるのですが

ミニ仏壇ですとそうもいきません。

それでも様々な工夫をすることで、空間にこだわりを持ったデザインのミニ仏壇があります。

 

奥行感抜群のおしゃれなお仏壇

まさに特別な空間を作っているのがモダン仏壇トレニア。

床置タイプのお仏壇としては、ごく一般的なサイズとも言えます。

 

お仏壇本体の奥行が45センチと一般的な家具類の奥行と同じサイズです。

この45センチの奥行を利用して、本体内部には特別な空間を作った内部デザインがポイント。

他の家具調仏壇ではちょっと見られなくなったデザインです。

 

モダン仏壇トレニアは奥行感のある空間内部が特徴です。

 

この本体内部も魅力あるこだわりを見せているのですが

モダン仏壇トレニアのさらなる魅力は、

専用経机と椅子がお仏壇下台にそのまま収納できるということ。

 

 

スッキリと収納できるので、急なご来客があったとしても

さっとしまう事も可能ですし、逆も然り…ですね。

 

 

長くに渡って人気のあるお仏壇ですが、これなら納得…です。

是非ご検討ください。

 

間接照明と工夫のスライドボードで特別な空間を

モダン仏壇 ディアは、その真っ白なカラーと

ワイドタイプの空間で人気を不動のものにした逸品です。

 

空間にはデザイナーこだわりの間接照明による演出。

清らかな空間にほんのりとやわらかな照明が灯されて

モダンでスタイリッシュな仏様の空間が出来上がりました。

 

また、仏具設置スペースとなる場所をそのままスライドボードにする構造。

これは仏具をご設置いただいたまま、さっと扉を閉めることができるという大きなポイントです。

 

コンパクトな設計でも最大限にその空間を活かしたデザインと

そしてこだわりの空間デザインが共存しています。

 

是非、モダンミニ仏壇ディアもご検討ください。

 

 

デザインに優れたお仏壇が「国産」な理由

国産おしゃれデザイン仏壇 モダン仏壇テラ 国産ならではの繊細なデザインが魅力的なお仏壇 美しさと洗練されたデザインが他にはないモダン仏壇です
お仏壇本体の側面は格子状になっておりそこから溢れる灯りは美しく、そして穏やかな気持ちにさせてくれます。

 国産仏壇だと比較的、デザインにこだわりがあったり、繊細なディテールがあるものが多かったりする印象です。言い方を変えれば、国産だからこそできる繊細なデザインであるとも言えるでしょう。

 外国産のお仏壇は比較的シンプルなデザインが多く、いわゆる凝ったデザインであったりそこに繊細な配慮が必要になるようなものはあまりないように見られます。前にあるお仏壇製造工場さんから伺った話だと、外国産の場合国内で検品をしてみると、とても出荷できないような仕上がりになってしまう。またもう1度やり直し…というのは珍しいことではなく、2回、3回とやり直すこともある…だったら、国内で製造したほうが多少コストが高くなっても1度で仕上がるし、その仕上がりが良い…という判断をしたそうです。

 「2,3回作り直し」をしたとしても、国産で作る1回の方が高い…というのにも驚きですが、外国産で品質管理・製造するのにはいかにご苦労が重なるかもわかり、それは本当に驚いたものです。

 というわけで、いずれにしても国産・外国産も品質については国内製造メーカーが管理するだけあって安心いただけるものとおわかりいただけたかと思いますが、同時に繊細な細工があったり、デザインであったりするものを外国産で作ることはしないということも、ご理解いただけたかと思います。

国産モダン仏壇潮彩 こだわりのデザインが魅力的な国産のおしゃれ仏壇。ワイドタイプ仏壇なので複数ある御位牌もゆったりとお納めできます。
ワイドタイプのお仏壇は その扉にこだわりや 個性的なデザインをあしらうと より一層、素敵な印象になります。

 お仏壇は長くご愛用いただくものですから、やはりお仏壇デザインもこだわってお選びいただきたいと思います。お好きな雰囲気のお仏壇であるべきほうが、仏様はもちろんのこと、毎日お手合わせいただく方のお心も休まることでしょう。

 日本人ならではかもしれませんが、「おもてなし」の精神同様、ものづくりをする上でもそこには「配慮」というものがあると思います。特にお仏壇は天然木を使っているものが多く、そこには自然に作られた木目があるわけですから、ときに節があったり、ときにその木目の流れが個性的だったりすることもあります。もちろん、ある程度は個性として許容していただく必要もあるのですが、そうではない「配慮」というものもあります。

 例えば…棚板と背板部分の木目の流れを見たときに、それが「縦」で揃っていたほうが心地よく空間が広がります。木目の流れが自然なほうが、好ましく感じるものではないでしょうか?

国産おしゃれなデザイン仏壇モダン仏壇ノア コンパクトサイズで置きやすいおしゃれなシンプルデザイン仏壇です。
ウォールナット材で作った 国産のお仏壇 ノア16号 コンパクトサイズで置きやすく ぬくもりのあるカラーが どのお部屋にも調和しやすいと人気のお仏壇です。

 一転して、あえてその木目の流れを「縦」「横」に組み合わせることでモダンな印象のデザインになることもあります。そういったこともある意味では配慮かもしれません。

 そういった繊細なディテールは配慮なくしては仕上がらないものなのかもしれませんが、国産だからこそ製造メーカーも安心して商品化できるのだと思います。

 こだわりのデザインが多いお仏壇は、こういった意味で比較的国産が多いのかもしれません。ぜひ、商品の方もショップサイトでご覧になってみてくださいね。