デザインに優れたお仏壇が「国産」な理由

国産おしゃれデザイン仏壇 モダン仏壇テラ 国産ならではの繊細なデザインが魅力的なお仏壇 美しさと洗練されたデザインが他にはないモダン仏壇です
お仏壇本体の側面は格子状になっておりそこから溢れる灯りは美しく、そして穏やかな気持ちにさせてくれます。

 国産仏壇だと比較的、デザインにこだわりがあったり、繊細なディテールがあるものが多かったりする印象です。言い方を変えれば、国産だからこそできる繊細なデザインであるとも言えるでしょう。

 外国産のお仏壇は比較的シンプルなデザインが多く、いわゆる凝ったデザインであったりそこに繊細な配慮が必要になるようなものはあまりないように見られます。前にあるお仏壇製造工場さんから伺った話だと、外国産の場合国内で検品をしてみると、とても出荷できないような仕上がりになってしまう。またもう1度やり直し…というのは珍しいことではなく、2回、3回とやり直すこともある…だったら、国内で製造したほうが多少コストが高くなっても1度で仕上がるし、その仕上がりが良い…という判断をしたそうです。

 「2,3回作り直し」をしたとしても、国産で作る1回の方が高い…というのにも驚きですが、外国産で品質管理・製造するのにはいかにご苦労が重なるかもわかり、それは本当に驚いたものです。

 というわけで、いずれにしても国産・外国産も品質については国内製造メーカーが管理するだけあって安心いただけるものとおわかりいただけたかと思いますが、同時に繊細な細工があったり、デザインであったりするものを外国産で作ることはしないということも、ご理解いただけたかと思います。

国産モダン仏壇潮彩 こだわりのデザインが魅力的な国産のおしゃれ仏壇。ワイドタイプ仏壇なので複数ある御位牌もゆったりとお納めできます。
ワイドタイプのお仏壇は その扉にこだわりや 個性的なデザインをあしらうと より一層、素敵な印象になります。

 お仏壇は長くご愛用いただくものですから、やはりお仏壇デザインもこだわってお選びいただきたいと思います。お好きな雰囲気のお仏壇であるべきほうが、仏様はもちろんのこと、毎日お手合わせいただく方のお心も休まることでしょう。

 日本人ならではかもしれませんが、「おもてなし」の精神同様、ものづくりをする上でもそこには「配慮」というものがあると思います。特にお仏壇は天然木を使っているものが多く、そこには自然に作られた木目があるわけですから、ときに節があったり、ときにその木目の流れが個性的だったりすることもあります。もちろん、ある程度は個性として許容していただく必要もあるのですが、そうではない「配慮」というものもあります。

 例えば…棚板と背板部分の木目の流れを見たときに、それが「縦」で揃っていたほうが心地よく空間が広がります。木目の流れが自然なほうが、好ましく感じるものではないでしょうか?

国産おしゃれなデザイン仏壇モダン仏壇ノア コンパクトサイズで置きやすいおしゃれなシンプルデザイン仏壇です。
ウォールナット材で作った 国産のお仏壇 ノア16号 コンパクトサイズで置きやすく ぬくもりのあるカラーが どのお部屋にも調和しやすいと人気のお仏壇です。

 一転して、あえてその木目の流れを「縦」「横」に組み合わせることでモダンな印象のデザインになることもあります。そういったこともある意味では配慮かもしれません。

 そういった繊細なディテールは配慮なくしては仕上がらないものなのかもしれませんが、国産だからこそ製造メーカーも安心して商品化できるのだと思います。

 こだわりのデザインが多いお仏壇は、こういった意味で比較的国産が多いのかもしれません。ぜひ、商品の方もショップサイトでご覧になってみてくださいね。

タイムセールで75%OFF!国産ミニ仏壇

国産のミニ仏壇は人気の筆頭株

国産ミニ仏壇インテリア仏壇サルース タイムセールで75%引きでのご提案中
国産のミニ仏壇 インテリアと相性抜群のサルース。 やさしいカラーと自然な風合いの仕上がりが ぬくもりのある心地良いお仏壇を印象づけます。

大切なお仏壇だから、品質にはどうしても安心感が欲しい…

そんな方にはやっぱり「国産」仏壇なのかもしれません。

いつもお話させて頂いておりますが、国産と海外産、どちらを見ても

実のところその「品質」というのはご安心いただけるものなのですが

(当ショップ取扱商品はそう思っております。)

繊細な部分を見てみるといわゆる「配慮」のある仕上がりになるのは

やっぱり国産商品のような気がします。

シンプルでも実は繊細なデザインが施されているようなお仏壇は

国産が多いのはこういった事があるからかもしれません。

高さ40センチ未満、だから置きやすい

国産ミニ仏壇 とってもコンパクトなサイズ どこにでも置けそうなシンプルデザインも魅力的
コンパクトサイズで、 思わずインテリア収納かと思わせるようなデザイン、 国産の丁寧な仕上がりと 置きやすいサイズで人気の ミニ仏壇です。

お仏壇のご設置場所に悩まれる事もあるかと思いますが

インテリア仏壇サルースなら、高さは36.7センチ、奥行28センチと

とってもコンパクト。お手持ちの家具の上にも無理なく置くことができ

かつ、本体の高さがあまりないので圧迫感も少なくとても重宝するサイズです。

お部屋にちょうどいい、自然な仕上がり

天然木、シカモア(グレートメープル)を素材として自然なスタイルで仕上げた

国産仏壇、インテリア仏壇サルース。

毎日向かい合うミニ仏壇だからこそお部屋との相性も気になります。
インテリア仏壇サルース カジュアルにシンプルに、国産ミニ仏壇

ワンポイントの花梨(紫檀種のひとつ)がほどよくデザインされていて

シンプルながらもおしゃれなスタイルが自慢のミニ仏壇です。

比較的カジュアルスタイルでもあるお仏壇ですので、

ご家族が一同に揃うリビング等にご設置いただいくケースが多いお仏壇です。

タイムセールで75%もお得に!

只今、タイムセール価格としてメーカー希望小売価格よりもはるかにお得な

75%引きでのご提案をしています。

タイムセールで75%もお得!国産ミニ仏壇インテリア仏壇サルース

シカモアの柔和な木目も活かしつつ、シンプルにデザインされた国産ミニ仏壇。

ちょっとこの価格ではなかなか手に入らないと思います。

ぜひ、ご検討ください。

ライフスタイルとお仏壇の相性を考える

お仏壇は生活の一部になります

 お仏壇をお求めになられる方の多くは「初めてお仏壇を買います」という方です。それまでの暮らしの中にお仏壇が溶け込んでくれればいいな、とお考えの方がほとんどですのでお仏壇選びの大きなポイントはそのお部屋のインテリアとの相性だったりします。

 またそれだけではなく、それまでの暮らしの中になかったお仏壇がやってくるわけですから、ライフスタイルに合わせたお仏壇との相性というのも大切なことかもしれません。

日々の暮らしを見つめてみる

 毎日の生活の中で特に来客を意識したことはないかもしれませんが、ライフスタイルによっては週末に人の出入りが多くある方もいることでしょう。

 またはお仏壇というのは地域性もかなり影響しますから、朝晩にお仏壇の扉を開閉する事が一般的とお考えの地域もあると思います。

国産のミニ仏壇ダイナ お仏壇と見えないその小さなスタイルが人気のひみつ

 何気ない事ですが、お仏壇というのは実は暮らしにかなり密着していますのでそのライフスタイル、ライフサイクル等を今一度見つめてみるのも大切かもしれません。

 来客が多いご家庭であれば、お仏壇という印象が薄い方が好ましいとお考えになる事もあるかもしれません。(お客様に気を遣わせないたいめにも…というケースが多いです。)また、朝晩に扉を開閉しておきたいとお考えであれば、仏具をご設置されていても開閉しやすい構造のお仏壇が便利…という場合もあります。

急な来客でも仏具を設置したまますっとお仏壇内にしまえるスライドボード国産のモダン仏壇 ディア

 地域によっては、お仏壇の小型化にあまり積極的でないところもまだまだあります。「大きなお仏壇でないとご先祖様に申し訳ない」というようはお話は、多々耳にします。

 今一度、ご自身の生活を見つめた上でお仏壇をお選び頂くことも良い方法です。

先の事も考えてのご購入かどうか

 お仏壇の品質は、平たく言ってしまえば価格と比例します。(お仏壇に限らずだと思いますが…)安価だからといって、品質が悪いかといえばそういう意味での「品質」ではなく、いわゆる素材の問題だと思って頂いたほうが適切かもしれません。

 安価な場合は、木目の良いところだけを転写したシートを使ったものですので一般に言われている天然木ではありません。シート貼りとは言ってもお仏壇の場合、少なくとも当ショップでご提案しているシート仕様のお仏壇は、まず剥がれるようなご心配は不要とご案内しております。(もちろん、適切なご使用方法の場合に限ります。)

ウォールナットのきれいな木目を転写したシート仕様のお仏壇モダン仏壇コピアウォールナット調コンパクトで置きやすいのが魅力

 ただ、これが次世代までご使用いただけるかどうか…という点で言えば、それは難しい話になってくるでしょう。多少は、色落ち、色あせ等が生じてくることになります。

 とはいえ、「自分だけが利用することが出来ればいいので」という場合でしたらそれは本当に充分だと思いますのでシート仕様ももちろん、良い選択だと思います。

 比べて、無垢板はじめ、天然木を適切に使用したお仏壇になってくれば話はまた違って参ります。シート仕様のものに比べればやはりもう少しお仏壇寿命は永くなってくることになります。無垢板をふんだんに使用した場合になればなるほど、今でもその希少性が高いのですから付加価値も加わって、次世代ではとても求められないような価値のあるお仏壇になる可能性もあるかと思います。

総無垢仕上げの本格仏壇モダン仏壇ノーブル シンプルなデザインと素材の良さが際立つ逸品です
総無垢仕上げの高級家具調仏壇 ノーブル 紫檀・黒檀をふんだんに使用した贅沢な逸品。

 現に、素材である木材は値上がりする一方です。そういった意味もあってか、ご子息様がいらっしゃるご家庭ではご自身の代でお仏壇を一新される方も少なくありません。

白檀の香りが心穏やかに…白檀のお仏像

白檀製のお仏像 八角台座火炎光背大日如来像 繊細な細工と穏やかなお顔立ちが自慢のお仏像です

白檀のお仏像から癒やされる空間作り

香木として有名なもののひとつが白檀かと思います。その香りはこころ穏やかに、落ち着いた心地にさせてくれます。お仏壇の中に白檀のお仏像があると、向かい合ったときにふわっとその香りがしてくるものです。

お仏壇は、仏様と向かいあい、ご自身との対話の時でもあるように思えます。毎日の事ですからほんのひとときかもしれませんがお線香の香りとはまた違う、白檀の香りが放たれるお仏像はまた一味違ったひとときとしてくれます。

白檀八角台座 火炎光背 大日如来モダン仏壇テラにお納めした美しさが際立つお仏像

お仏像の繊細さに驚かされます

お仏像の繊細な細工を間近でご覧いただくと、本当にありがたくも感じてまいります。お顔立ちひとつとっても、製造工場によってそれは異なりますが、繊細な他の細工部分においても異なってくるようです。

仏像の繊細な細工。ひとつひとつ丁寧に仕上げられていますのでその価値は充分ご理解いただけるものです。

ご本尊様だからこそ、考えること

お仏壇の中にお納めするご本尊様は、お仏像でも掛軸でもどちらでも構いません。ですので「どちらがいいの?」というご質問には、「どちらでも」としか答えようがないのですがお仏像をお選びいただく方のご心情としては「立体構造だからご本尊様の存在を感じやすい」ようです。

白檀八角台座 火炎光背大日如来お顔立ちが穏やかで美しい、繊細な細工が自慢の逸品

お仏壇の中の空間は「仏様のいらっしゃる世界観」を再現したもの…とされていますので、その空間でもっとも大切なのはご本尊様だと言えます。最近では、ご宗旨があったとしてもご本尊様を安置されない方もお見受けしますが本来であればご本尊様があちらの世界とこちらをつないでくださる役割をしてくださるので、ご安置されたほうが良いということに変わりはありません。

柘植のお仏像がポピュラーな印象のある材質かもしれませんが、考えようによってはお仏壇よりもご本尊様のほうが意味合いとしては大切なものですから、もし少しご予算をあげようと思ってらっしゃるのであれば白檀等の香木を使ったお仏像をご検討いただくのも長い目でみたら価値ある選択かもしれません。

シンプルなお仏壇のスタイル、厨子(ずし)

厨子はお仏壇の原点、だからこそシンプル

一般的なお仏壇の歴史というのはさほど長いわけではなく、今普及しているようにご家庭でお仏壇を祀るようになったのも江戸時代以降といわれています。

もとは、お仏壇というものではなく「厨子」(ずし)と呼ばれるものがあり、それには御本尊様をお納めするような小さなものが発祥とのことです。

毎日お手合わせいただくものですから、気に入ったものをお選びいただきたいものです。八角厨子はその伝統的なスタイルが美しく幅広い年齢層に好まれます。八角厨子は国産品です。
伝統的な美しいフォルムの厨子。コンパクトで置きやすく、介護施設ご入居時などにもお持ち込みになりやすい商品です。

 ですから、そのお祀りはとてもシンプル。御本尊様をお納めするだけのスペースですから仏具等をいれる隙間もありません。

ただただ、大切なもの=御本尊様をお納めするだけの小さな箱が厨子のスタイルですので、今の住宅事情から考えると実はちょうどいいシンプルなスタイルなのかもしれません。

和モダンスタイルも人気

 厨子は本当にコンパクトですので、最近では介護付きマンションご入居にあたりお買い替えされる方が多くなっています。

 中でも最もコンパクトサイズなのが、和モダンスタイルなうるし仕上げ厨子シリーズ。うるしを丁寧に塗った、上品な光沢のある逸品です。

うるし仕上げ厨子つばさワインカラー 光沢のある仕上がりとコンパクトなサイズで人気の逸品。シンプルな厨子スタイル。
とってもコンパクトなミニサイズ厨子。 モダンでシンプルなデザインとうるし仕上げの美しい光沢が魅力

 大変コンパクトですので、小さな御位牌ひとつお納めできるようなものです。お部屋にご設置いただきましても邪魔になるどころか、むしろひとつのインテリアとしてもお楽しみいただけるようなそんな仕上がりの厨子です。

お手合わせの時間を心地よく

 厨子をお選び頂く方からお話を伺いますと、「とにかく小さいものを」とのお声が一番あります。お部屋に置いても違和感なく、そして圧迫感もなく、限られた空間をより快適に過ごせるようにデザイン性も求めたいとのお話もありました。

 厨子に限らずですが、お仏壇・厨子はお手合わせされる方がいらしてはじめて成り立つものだと思います。その方にとって毎日のことですから、向き合う時間が心地よくあってほしいものだと思います。

 厨子というスタイルだからこそ、とてもシンプルにお祀りできる…ライフスタイルによってはお仏壇だけではなく、厨子という選択肢もあることを是非ご検討ください。