”ミニ仏壇”の良いところは、今の暮らしにちょうどいいスタイルでお祀りできるということ。またお仏壇はお部屋の調度品とバランスの良いデザインであることも一番求められるものですが、シンプルなデザインであれば比較的どんなインテリアともバランスよくおさまるようです。

モダンミニ仏壇 トナリティ
自然な風合いのナチュラルスタイルなミニ仏壇

 またご設置しやすいサイズも大きな条件であるように思います。最近ではマンション等の集合住宅のみならず戸建てでも和室がないお部屋は珍しくありません。いざお仏壇を…と思ってもまず考えてしまうのがその「設置場所」であることは言うまでもない条件なのです。

 ですので、シンプル×コンパクトなミニ仏壇が選ばれる…というわけになります。今回は、ここ最近特に人気のあるミニ仏壇 モダンミニ仏壇 トナリティをご紹介してまいります。

よりコンパクト&空間のゆとり

 ”ミニ仏壇”になればなるほど、どうしても内部の空間は狭くなってしまうものです。空間内部にゆとりを持たせるため、モダンミニ仏壇トナリティにはお仏壇本体に引き出し等の収納はありません。

 ”ミニ仏壇”ですので、そもそも引き出しがあったところでその引き出しもかなりのコンパクトさになってしまいますので不要と判断しその分内部の空間のゆとりを広くするようにしました。

 また、棚板部分を浅くすることでここでも内部空間がゆったりとなるように棚板のデザインにも配慮しより深みのある棚板に見えるようにしてあるのもポイントです。

価格もお求めやすい、これは大切

 お仏壇は基本的には高価な商品です。こんなにコンパクトであっても相応の価格帯になってしまうものですがそれでもモダン”ミニ仏壇”トナリティはよりお求めやすい価格でご提案しています。

 まず比較的安価であるのには、理由があります。素材は天然木ではなく中密度繊維板といわれる合成板を使用しています。その上にタモ材の繊細な美しい木目を転写したシートを貼っての仕上がりです。

 稀に「シートが剥がれるのでは?」とのご心配をいただきますが、転写シートだからといってまず剥がれることはありません。(もちろん、高温多湿等およそお仏壇をご設置する場所として不適切な環境な場合はのぞきます。)

 ごく一般的に使用されるであろう環境でのご設置であればなんのご心配もなく安心してご利用いただける品質であることに違いはありません。

 そしてお求めやすい価格のもうひとつの要因は、外国産であること。外国産ではありますが、製造工場はもちろん国内の製造工場ですので品質管理もそれに準じて行われます。

”ミニ仏壇”は今、これからのスタイル

 伝統的なお仏壇、一般的なお仏壇というと大きなお仏壇をご想像される方もまだまだ多いと思われますが一般家庭に設置するようになったお仏壇の歴史はまだまだ浅いもので、その時代のライフスタイルに合わせてどんどん変化&進化してきたものであると言えます。

 ミニ仏壇はそういう意味でも、今のライフスタイル、そしてこれからのスタイルとしてより暮らしに寄り添うようなお仏壇となっていくでしょう。