広告、運用次第と痛感。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ECサイトを運営していれば

必ず聞く言葉、「費用対効果」があります。

 

要するに、

すんごい小さな規模で言ってみると

「15円、広告費をかけました。(月間)」

「100円、売上があがりました。(月間)」

(小学生並ですねぇ…)

単純に、売上に対して15%の広告費をかけた…

ということになりますよね。

 

一般的には、売上に対して10~20%くらいで広告費を使っているのなら

まずまずな路線なんだそうです。(セミナーで教えてもらいました♪)

というか、「健全な」状況なんだと思います。

 

このあたりを意識しつつ、ここ数年広告費を投じてきたのですが

実は直近の少し前までに少々…バランスを崩していた事もありました。

 

さぁ、大変!!(^^;

 

弱小商店なので、いわゆる「潤沢な資金」があるわけではありません。

ここで、頼もしい?パートナー、広告代理店さんとの打ち合わせになるのですが…

 

わがまま…を承知で、

その中でも「運用」を考えることができる素晴らしい担当者に、

本当に感謝感謝ですよ。

今月に限って言えば、「良い兆し」が見える状況です。

 

言われて見なくてもわかりますが、限りある予算です。

(そんなのどの企業も同じですよねぇ。)

限りある予算、資金の中で、効率よく運用していく、運用するのがプロ!!

今回は、まさにそんな感じを代理店さんからお見受けしております。

 

運用方法について「正解」はないと思います。

(生き物のように市場が変化していると思いますし。)

日々、データを分析して、結果を見て、想像して、

次の施策を練る、そして実行 の繰り返しはまだまだ続きます。(^^;

っつか、ずっとかな?(^^;

 

で、まとめです。

 

広告は運用次第!!!

運用がその時、その市場にあっていれば

良くもなるし、悪くもなる。

それは偶然ではなく、費用対効果に見合っているか…から始まり、

運用が適切であるかどうか…ということなんじゃないかな?と思いました。

 

これから先の自分に対して

この事を忘れないように記録しておきます♪

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください