シルクを思わせるような、柔らかな木目…

ショップでも特に人気なのが、

やはり「国産」という、ある種のブランドです。
正直にお話してしまいますと、当ショップで取り扱っている商品すべてが

国内製造メーカーさんによる商品ですので

実のところどの商品も「安心」には違いありません。

 

 

が…(^^;

 

 

さらに正直な事を言ってしまいますと

やっぱり仕上りに関して言えば、そこは日本国内での製造なので

より一層丁寧であると言えます。

 

 

今、特におススメなのがコチラの商品。

インテリア仏壇エスト ミニ仏壇明雅堂

仏壇厨子の通販専門ショップ 明雅堂のインテリア仏壇エスト。国産で美し仕上りの他にはちょっとないお仏壇です。

 

国産で、しかもメーカーオリジナルの10年保証付。

さらには、高級木材シカモア(グレートメープルとも言います。)をふんだんに使用して、

磨きに磨きをかけた美しい仕上りになりました。

 

お恥ずかしい事ですが…(^^;

写真をよ~っくご覧いただきますと、私が映りこんでいます。

そのくらい、研磨されているという証拠でもあります。

柔らかな乳白色~クリーム色系に見えますが、

光沢がある分、お部屋の光によって色々な表情(色)を見せてくれます。

 
詳しくは明雅堂ショップサイトまでご覧になってみてくださいね。

 

 

2012年秋のお仏壇展示会へ行ってきました!!

 お仏壇最大手メーカーの2012年秋展示会へ

行って参りました!!

今回も豊富な家具調仏壇が発表されていて、

年々様々なスタイルが増えているなぁと実感いたしました。

ちょっとした遊び心も加えられたものも多く、

この写真のお仏壇などは金環日食をイメージして

デザインされたとか…

かなりのこだわりようで、金環部分のデザインをよ~く見ると

微妙にずらして、よりリアルな金環日食を再現したとの事でした!!

(すごいこだわりよう…さすがお仏壇製造会社ですね♪)

また、背板部分には格子で組んでいるようなデザインのものを採用。

こういうこまかいこだわりを表現するには、国産でないと出来ないともおっしゃってました。

日本ならではの、美しいお仏壇が仕上ったという印象です。

 また、白系の淡い色のお仏壇も、

かなり色々な種類が発表されていました。

今回特に目立った、白っぽいお仏壇はコチラ。

背板部分にシルバーテイストの格子を施して

よりスタイリッシュに、そしてモダンな空間を

作りだしていました。

棚板にも工夫があり、須美段に相当する部分と

その下の棚との段差を少なくすることで

ご本尊設置部分の高さにゆとりを出していました。
お仏壇を作るところと、仏具を作るところ、

また、仏像を作るところそれぞれは…案外、あまり他の事考えたりしてないんですよね。(^^;

(今までこの業界を見てきて、ちょっ感じているんですが。)

 

なので、「小さいお仏壇を作ってみた」→「でも、お納めできる小さめのお仏像が…ない?」

とか、実は数年前までこんなことが多々ありました。(^^;

(今はご安心ください、こういった問題は解消されています。)

 

でもそうなるのもそのはず…

各工場の皆さんは、それぞれが作り上げるものに対して

とても真面目に取り組んでいらっしゃるから、

多分、他の事に目がいかないんだと思うんです。

 

だからこそ、よりお客様に近い、私たちが

「こういうの欲しいんですけど」等を、具体的に工場さんに伝えるということは

とても重要なんじゃないかなぁ?と思って帰ってきた次第です。(^0^)
また他にもご報告します♪

【再入荷しました!!】シンプルモダンな、小さなお仏壇。

 

 

 

モダンミニ仏壇 コピア 紫檀調

 

 

コンパクトな大きさと、高いクオリティ、

そして上品な華やかさをもったお仏壇 コピア 紫檀調。

 

ついに再々入荷となりました。

比較的、早めに在庫がなくなってしまう商品で申し訳ないのですが

それだけ、愛される商品でもあるという証拠ですね。

 

是非この機会をご利用ください。

 

 

3つのポイントで、作ります!!

ECサイトを開始して、

かれこれ6年経ちましたが

ようやく商品ページ作成において、ある一定の方向性が

見えてきました。

(今更ですけど…(^^;)

 
商品ページ作成については

2,3回ほど、セミナーを受講して学びました。

どのセミナーも役立つ情報がいくつかあり、

それを自分のショップに当てはめて作り直しを繰り返してきました。

 

 

あるセミナーでは「おしゃれなイメージは不要」と

ガツンと言われてみましたが

同時に「キャッチコピーは死ぬほど大切」ということも

バッチリ受けとめてきました。

(その割にはまだまだ遠慮のあるコピーが多いので

このあたりは未だに要・反省です。(^^;)

 

 

またあるセミナーでは、

「商品ページは『接客』と同じですよ。」

とのことも教えて頂きました。

実際にお客様とお顔を合わせての接客ではないぶん、

必要な『情報』を提示することを学びました。

 

 

で、これらを、自分の商材に合わせて作ったものの

まだまだ手直しする箇所があることが、ようやくわかってきました。

 

ポイントは次の3つなはず!!!

 

・+αくらいの気持ちで、キャッチコピー!!

・商品ページは『接客』である!!

・写真=多すぎて困るものは、もはやない!!

 

今一度、この3つの点をおさらいして

少しずつ手直しして行きたいと思います♪

 

 

 

使えば、わかる!?

あまり…勤勉でないのかもしれませんが、

何事にも、割と後先考えずトライしてしまうタイプです。

 

…でなければ、このブログを立ち上げているはずもなく…(^^;

 

本日、感じたことはタイトルの通り

「使えば、わかる!?」

 

かつて仕事上でAvid編集をしたことがあります。

(もちろんざっくりとした、簡単なもの)

教えてくださった方の「教え方」が良かったのはもちろんですが

説明を聞いているよりかは、実践したほうが覚えも早かったのを

覚えています。

 

 

というわけで…

 

使えば、わかる!!(はず)

 

 

と思いながら、始めていこうと思います♪

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。